アルミブラインドの操作方法と操作コードの違い

ブラインド操作方法

アルミブラインドの操作方法と操作コードの違い

アルミブラインドの主な操作方法をご紹介します。当店の一般家庭向けアルミブラインドは人気の「ワンポール操作」を、大型窓には操作の軽い「ワンコントロール操作」を使用しています。
※ウッド(木製)ブラインドとタテ型(バーチカル)ブラインドは各ページに操作方法がございますのでそちらをご覧ください。


ブラインドの操作方法 人気のワンポール式

【ワンポール操作】

一本のポールで簡単にブラインドの昇降・開閉ができる、見た目も操作もすっきりな人気のワンポール操作。大手ハウスメーカーのオプションで選ばれるブラインドのほとんどは「ワンポール」です。
伸ばした時のコードはポールに引っ掛ける部分があるので、コードが垂らしっぱなしにならず、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心です。

ブラインドの操作方法 人気のワンポール式
ブラインドの昇降方法 ワンポール式
ブラインドの操作方法 人気のワンポール式

低品質のブラインドはギア比が低く開閉にポールをクルクルと何回も回す必要があるのですが当店のブラインドはギア比が高く少しの回転で開閉ができる高品質のものを使用しています。

ブラインドの操作方法 ワンポール式
ブラインドワンポール操作説明

ブラインドの操作方法 コード&ロッド式

【コードロッド操作】

ブラインドの昇降操作をするコードと、羽根の開閉操作をするロッドが別になっているタイプです。操作方法がシンプルでわかりやすいスタンダードな操作方法です。

ブラインドの操作方法 コード&ロッド式
ブラインドの昇降方法 コード&ロッド式
ブラインドの操作方法 コード&ロッド式

ラインドの操作方法 コード&コード式

【コードコード操作】

昇降コードでブラインドの昇降を、チルトコードで羽根の角度調整を行います。

ラインドの操作方法 コード&コード式
ラインドの昇降方法 コード&コード式
ラインドの操作方法 コード&コード式

ブラインドの操作方法 ワンコントロール式

【ワンコントロール操作】

一本のコードで羽根の昇降と角度調整ができます。操作が軽くスムーズなギアタイプでオフィスや店舗などの大きな窓用のブラインドでも使われています。

ブラインドの操作方法 ワンコントロール式
ブラインドの操作方法 ワンコントロール式
ブラインドの操作方法 ワンコントロール式

【安全対策】

ブラインドはコードがあり、小さなお子様やペットがいるご家庭では引っかからないか心配なものです。

当店のブラインドは少しでも安心してお使いいただくためにコードに引っかかりにくい部品を使っています。「ワンポール操作」では伸びたコードをまとめておけるフック。「ワンコントロール操作」やウッド(木製)ブラインドやタテ型(バーチカル)ブラインドはコードをまとめておけるクリップが付属でついています。

ブラインドの安全対策 子供がいても安心のパーツ

※子供は思わぬ行動をとります。子供をコードやチェーンで遊ばせないように注意して下さい。またコードやチェーンの近くにソファーやベッドを置くとブラインドのコードやチェーンに手が届き事故の恐れがありますので注意して下さい。