アルミブラインド・ウッドブラインドの採寸方法

アルミブラインド・ウッドブラインドの採寸方法

ブラインドはつけ方により採寸方法が異なります。
採寸後、採寸サイズを元にブラインドの仕上がり製作サイズ(注文サイズ)を決めます。

アルミブラインド・ウッドブラインド採寸箇所と製品サイズ

アルミブラインド・ウッドブラインド採寸方法

窓枠内に収まるように取り付ける【天井付け】

アルミブラインド・ウッドブラインド採寸箇所と製品サイズ

ブラインド採寸方法:窓枠内に取り付ける天井付けの測り方

天井付けは窓枠の内側上部に、ブラインドを取り付ける方法です。
窓枠内に収まると、見た目もすっきりとした印象になり、空間に広がりが感じられます。
窓枠ぴったりに作ってしまうと昇降の際窓枠に当たることもありますので、少し左右に余裕を持って作るのがおすすめです。光が漏れることが気になる場所は、下記の正面付けも確認ください。

※テンションタイプ(つっぱりタイプ)を、ご希望の方はこちらの天井付けの方法で採寸ください。

天井付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

窓枠を覆うように枠外に取り付ける【正面付け】

ブラインド採寸方法:窓枠外側に取り付ける正面付の測り方

正面付けは窓枠を覆うように取付ます。窓枠を完全に覆うように取付するので、光漏れを抑え、寝室などにもオススメの取付方法になります。窓枠自体への取付、または、窓枠の上の壁面に取り付ける方法になります。

※窓枠の周りの壁面に取り付ける場合は、取付位置の下地の確認と、採寸の際は、上記にある製品サイズとの確認が必要になります。

※こちらの正面付採寸方法は「窓枠自体」にビスを打ち取り付ける場合の採寸方法です。
窓枠より上の壁部分」にビスを打ち取り付ける場合は、採寸した高さにプラスしてください。

※幅、高さ(腰窓)は、外枠サイズが標準製作サイズですが、お好みで~10cm程度プラスして頂いてもバランスよく仕上がります。

ブラインド正面付け用ブラケットサイズと必要数

既存のカーテンレールに専用金具で取り付ける

ブラインド取り付け方:既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
ブラインド採寸方法:既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け測り方

カーテンレールが既にある場合には、カーテンレールを利用してブラインド取り付けができます。取り付け可能なレールは、レール左右どちらかのキャップが外れる、C型か角型の金属製レールのみとなります。

※木製ブラインドは、カーテンレールに取り付けできません。
※取り付けの際は「カーテンレール取付け金具」が必要になります(無料)。ご購入の際に「カーテンレール取付け金具」の項目にチェックをしてください。

アルミブラインド・ウッドブラインド取り付け用ブラケットと製品寸法