アルミブラインド・ウッドブラインドの採寸方法

アルミブラインド・ウッドブラインドの採寸方法

ブラインドの設置方法は

【天井付け】窓枠内に取り付ける
【正面付け】窓枠を覆うように取り付ける
【ボックス内天井付け】カーテンボックス内に取り付ける
【カーテンレール付け】 既存のカーテンレールに取り付ける(ウッドブラインドは取付不可)
【天井直付け】天井に取り付ける(住宅の掃き出し窓などです)

大きく分けて、5つです。取り付け方法により採寸方法も変わりますので、使用場所や、下地の有無により、まずは取り付け方を選び、取り付け方にあった採寸方法を選んでください。

大型窓用アルミブラインドとウッドブラインドは、重量の関係で既存のカーテンレールに取り付ける【カーテンレール付け】は出来ません。

窓枠内に収まるように取り付ける【天井付け】

アルミブラインド・ウッドブラインド天井付け
天井付けは窓枠の内側上部に、ブラインドを取り付ける方法です。
窓枠内に収まると、見た目もすっきりとした印象になり、空間に広がりが感じられます。
窓枠ぴったりに作ってしまうと昇降の際窓枠に、干渉することもありますので、少し左右に余裕を持って作るのがおすすめです。光が漏れることが気になる場所は、『正面付け』も確認ください。

※テンションタイプ(つっぱりタイプ)を、ご希望の方はこちらの天井付けの方法で採寸ください。
アルミブラインド天井付け採寸箇所
ブラインド採寸方法:窓枠内に取り付ける天井付けの測り方

天井付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

窓枠を覆うように枠外に取り付ける【正面付け】

アルミブラインド正面付け画像
正面付けは窓枠を覆うように取付ます。窓枠を完全に覆うように取付するので、光漏れを抑え、寝室などにもオススメの取付方法になります。窓枠自体への取付、または、窓枠の上の下地のある壁面に取り付ける方法になります。

※窓枠の周りの壁面に取り付ける場合は、取付位置の下地の確認と、採寸の後は、下記にある製品サイズと照らし合わせて、どのくらい窓を覆うのかを最終確認ください。
アルミブラインド正面付け
ブラインド採寸方法:窓枠外側に取り付ける正面付の測り方

※幅、高さ(腰窓)は、外枠サイズが標準製作サイズですが、お好みで~10cm程度プラスして頂いてもバランスよく仕上がります。
ブラインド正面付け用ブラケットサイズと必要数

既存のカーテンレールに専用金具で取り付ける

カーテンレールが既にある場合には、カーテンレールを利用してブラインド取り付けができます。取り付け可能なレールは、レール左右どちらかのキャップが外れる、C型か角型の金属製レールのみとなります。

※木製ブラインドは、カーテンレールに取り付けできません。(重量と、ブラケットの形状が大きいためです)
※取り付けの際は「カーテンレール取付け金具」が必要になります(無料)。ご購入の際に「カーテンレール取付け金具」の項目にチェックをしてください。
アルミブラインドカーテンレール付け
ブラインド採寸方法:既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け測り方

カーテンボックスに収める【ボックス内天井付け】

アルミブラインドカーテンボックス内天井付け
カーテンボックス内に収める事でメカの上部を隠し、お部屋を広くスッキリ見せてくれます。住宅の掃き出し窓や、オフィスの窓などに多く見られる取り付け方です。
アルミブラインドカーテンボックス付け
ブラインド採寸方法:カーテンボックス内天井付け
カーテンボックス内天井付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

天井に直接取り付ける【天井直付け】

天井付けと似ていますが、窓枠内ではなく天井に直接取り付けることで、窓を最大限に大きく活用でき、空間に広がり、天井を高く見せる効果がります。一般の住宅の掃き出し窓などは、この取付方法を選ばれることが多いです。
※取付位置(天井部分)の下地を必ず確認ください。
アルミブラインド天井直付け採寸箇所
ブラインド採寸方法:窓枠内に取り付ける天井直付けの測り方
天井直付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

アルミブラインド製品サイズ

アルミブラインド製品重量の計算方法/kg 製品M幅×(製品M高さ×0.5+0.7)+0.2

ウッドブラインド製品重量の目安 スタンダード・無垢・ヴィンテージ:製品幅2000mm×1990mm 9.8kg
ウッドブラインド製品重量の目安 桐:製品幅2000mm×1990mm 6.8kg
ウッドブラインド製品重量の目安 防炎:製品幅2000mm×1990mm 13.1kg

アルミブラインド・ウッドブラインド取り付け用ブラケットと製品寸法

よくある質問

Q.ブラインドを2台並べて設置する時の隙間はどのくらいあればいいですか?

A.ブラインドを2台並べて付ける場合は1センチ以上あけて取り付けてください。ブラインド同士の干渉を防ぐためです。

Q.アルミブラインドをカーテンレールに取り付けたいけど重さはどれくらい?

A.アルミブラインドの重さの目安です。

・幅1,000mm×高さ1,000mm—約1.4kg
幅1,500mm×高さ1,500mm—約2.4kg
幅2,000mm×高さ2,000mm—約3.6kg

Q.取り付けは自分で出来ますか?

A.はい。取り付けはブラケットにワンタッチで本体をはめ込むだけの簡単取り付けです。詳しくは取り付けページをご覧ください。

▶︎アルミブラインドの取り付け方はこちら
▶︎木製(ウッド)ブラインドの取り付け方はこちら


小さいサイズのブラインドは、女性や一人で取り付ける方も多いです。一人で持つのが重いと感じるサイズは、2人で取り付けて頂いた方が安全です。

取り付けの際にブラケットをネジで固定しますので、ドライバーでネジの差し込みが難しい場合は電動ドライバーをご利用下さい。

Q.正面付けで壁に取り付ける時はどこから測るの?

A.窓枠より上の壁に取り付ける場合は、製品取り付け位置(メカの上部の位置)から測ります。
その際、壁に取り付け出来る下地があるかを確認して下さい。下地のない場所に取り付けると事故の原因になります。

下地を探す場合は、ホームセンターなどで売られている「下地探し」を使って探せます。針を壁に突き刺して探すタイプとセンサーで探すタイプがあります。針を刺すタイプは下地があるところを指した時に針が中まで入らない仕様になっています。センサータイプは壁の上で探知機を滑らせると金属や木材の位置を検出します。

Q.1つの窓で左右利用頻度が違うけどどうしたらいい?

A.通常のブラインドを2台並べる方法と、

2台のブラインドを1つのヘッドボックスにまとめる「セパレート(オプション+3,850円)」の方法があります。セパレートはオプションで各商品ページで選べます。両端の操作棒で左右別々に昇降出来るので左右で利用頻度の違う窓におすすめです。取り付けも一回で済み、見た目もすっきり!価格も2台別々よりもお安くなります。


アルミブラインドを探す
ウッドブラインドを探す