アルミブラインド・ウッドブラインドの採寸方法

アルミブラインド・ウッドブラインドの採寸方法

ブラインドの設置方法は

【天井付け】窓枠内に取り付ける
【正面付け】窓枠を覆うように取り付ける
【ボックス内天井付け】カーテンボックス内に取り付ける
【カーテンレール付け】 既存のカーテンレールに取り付ける(ウッドブラインドは取付不可)
【天井直付け】天井に取り付ける(住宅の掃き出し窓などです)

大きく分けて、5つです。取り付け方法により採寸方法も変わりますので、使用場所や、下地の有無により、まずは取り付け方を選び、取り付け方にあった採寸方法を選んでください。

大型窓用アルミブラインドとウッドブラインドは、重量の関係で既存のカーテンレールに取り付ける【カーテンレール付け】は出来ません。

窓枠内に収まるように取り付ける【天井付け】

アルミブラインド・ウッドブラインド天井付け
天井付けは窓枠の内側上部に、ブラインドを取り付ける方法です。
窓枠内に収まると、見た目もすっきりとした印象になり、空間に広がりが感じられます。
窓枠ぴったりに作ってしまうと昇降の際窓枠に、干渉することもありますので、少し左右に余裕を持って作るのがおすすめです。光が漏れることが気になる場所は、『正面付け』も確認ください。

※テンションタイプ(つっぱりタイプ)を、ご希望の方はこちらの天井付けの方法で採寸ください。
アルミブラインド天井付け採寸箇所
ブラインド採寸方法:窓枠内に取り付ける天井付けの測り方

天井付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

窓枠を覆うように枠外に取り付ける【正面付け】

アルミブラインド正面付け画像
正面付けは窓枠を覆うように取付ます。窓枠を完全に覆うように取付するので、光漏れを抑え、寝室などにもオススメの取付方法になります。窓枠自体への取付、または、窓枠の上の下地のある壁面に取り付ける方法になります。

※窓枠の周りの壁面に取り付ける場合は、取付位置の下地の確認と、採寸の後は、下記にある製品サイズと照らし合わせて、どのくらい窓を覆うのかを最終確認ください。
アルミブラインド正面付け
ブラインド採寸方法:窓枠外側に取り付ける正面付の測り方

※幅、高さ(腰窓)は、外枠サイズが標準製作サイズですが、お好みで~10cm程度プラスして頂いてもバランスよく仕上がります。
ブラインド正面付け用ブラケットサイズと必要数

既存のカーテンレールに専用金具で取り付ける

カーテンレールが既にある場合には、カーテンレールを利用してブラインド取り付けができます。取り付け可能なレールは、レール左右どちらかのキャップが外れる、C型か角型の金属製レールのみとなります。

※木製ブラインドは、カーテンレールに取り付けできません。(重量と、ブラケットの形状が大きいためです)
※取り付けの際は「カーテンレール取付け金具」が必要になります(無料)。ご購入の際に「カーテンレール取付け金具」の項目にチェックをしてください。
アルミブラインドカーテンレール付け
ブラインド採寸方法:既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け測り方

カーテンボックスに収める【ボックス内天井付け】

アルミブラインドカーテンボックス内天井付け
カーテンボックス内に収める事でメカの上部を隠し、お部屋を広くスッキリ見せてくれます。住宅の掃き出し窓や、オフィスの窓などに多く見られる取り付け方です。
アルミブラインドカーテンボックス付け
ブラインド採寸方法:カーテンボックス内天井付け
カーテンボックス内天井付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

天井に直接取り付ける【天井直付け】

天井付けと似ていますが、窓枠内ではなく天井に直接取り付けることで、窓を最大限に大きく活用でき、空間に広がり、天井を高く見せる効果がります。一般の住宅の掃き出し窓などは、この取付方法を選ばれることが多いです。
※取付位置(天井部分)の下地を必ず確認ください。
アルミブラインド天井直付け採寸箇所
ブラインド採寸方法:窓枠内に取り付ける天井直付けの測り方
天井直付け取り付け用ブラケットサイズと必要数

アルミブラインド製品サイズ

アルミブラインド製品重量の計算方法/kg 製品M幅×(製品M高さ×0.5+0.7)+0.2

ウッドブラインド製品重量の目安 スタンダード・無垢・ヴィンテージ:製品幅2000mm×1990mm 9.8kg
ウッドブラインド製品重量の目安 桐:製品幅2000mm×1990mm 6.8kg
ウッドブラインド製品重量の目安 防炎:製品幅2000mm×1990mm 13.1kg

アルミブラインド・ウッドブラインド取り付け用ブラケットと製品寸法
アルミブラインドを探す
ウッドブラインドを探す