つっぱり式ブラインド(ビスなしで取付可能)

ビスなしでブラインドを取り付け可能。テンションタイプのアルミブラインド。

つっぱり式でビス不要なつっぱりブラインド

対応:アルミブラインド

アルミブラインド・テンションタイプの取り付け方法

アルミブラインドは、ビスの付けられない所でも、テンションをかけて取り付けを行う「つっぱり式」の品揃えがあります。取り付けは、意外と簡単。取り付けられないと諦めていた場所にも、検討してみてください。

製品取り付けの前に…注意事項

・凹凸のある場所、ザラ付きのある壁面に取り付けできません。
・テンションをかける部分には、木部やタイルなど、しっかりとした下地のある場所に取りつけます。下地の無い場所に取り付けると、テンションがしっかりとかからず落下の恐れもあります。
・テンションを取り付ける前に、プレートキャップを取りつけます。取り付ける部分に汚れ、油分、水分がある場合はきれいにしてから取り付けを進めてください。
・付属の両面テープをプレートキャプの裏に貼り付け、水平になるように、取り付けをスタートします。

つっぱり式ブラインド取付方法

ブラインドを取り付けます

・操作側と反対方向のプレートに本体の付き当てプレートを押し付けながら、操作棒側もはめ込みます(仮止め状態)

つっぱりブラインド取付方法

最後にテンションをかけて、固定します

・操作側のダイヤルを矢印の方向に回します。左右の隙間を均等になるように調整します。
・操作側と反対方向のダイヤルも固くなるまで回し、固定します。

つっぱりブラインド取付方法

これで、固定が終了し、取り付けも完成!ドライバーも使用せずに取り付けが可能です。詳しくは商品に同梱されている説明書にも取り付け、取り外しについて、詳細が明記されています。

②~③の取り付け部分は、上からも見ていただくために、窓ではない所で動画を撮影しました。当店オリジナル画像で、確認してみてください。

↓つっぱり式ブラインドの取付方法の動画 (女性が取り付けを行っています)

最後に、ばね部分を両サイドについているカバーで隠します。(動画は片方のみ行っていますが、本来は両方を隠します)
カバーをすると、一気に意匠性が向上します!また、取り外したい時は、プレートキャップの両面テープを引っ張ると、簡単に取り外しができます。

【つっぱりタイプ】理由あって格安!水回り用の耐水性ブラインド。
【つっぱりタイプ】プロ御用達!採用率NO,1の耐水性ブラインド。