簡単・アルミブラインドの取り付け方法

簡単・アルミブラインドの取り付け方法

アルミブラインドは、主に4種類の取り付け方があります。どのような場所で使うか、どういう用途で使うかによって付け方も変わってきますので、ブラインドの機能やお部屋にあった取り付け方をご確認ください。

実は、オーダーのアルミブラインドの取り付けは、とても簡単!本体も軽く、取り付け用の金具(ブラケット)にワンタッチで取り付けが出来ます。一人で持てるサイズなら女性でも取り付け可能です。(ドライバーでのビス打ちが難しい場合は、電動ドライバーをご使用ください)

アルミブラインド取付け方4種類の説明です。天井付け・正面付け・カーテンレール付け・つっぱりタイプ

【天井付け】窓枠内に収める
壁と一体感があり、部屋がすっきり広く見える。
注意点:木枠内のサイズを正しく図る(大きすぎて収まらないなどを防ぐため!)
▶︎天井付けの取り付け方を見る

【正面付け】窓枠上部の壁面などにつける
光が漏れにくいので寝室や光を遮りたいお部屋におすすめ。
注意点:壁面に下地があるか確認。
▶︎正面付けの取り付け方を見る

【カーテンレール付け】既存のカーテンレールに取り付ける
ビスで取り付けをしないので、賃貸のお部屋にもおすすめ。
注意点:レールが対応しているか確認。ご注文時、専用の取り付け金具(無料)が必要。
▶︎カーテンレール付けの取り付け方を見る

【つっぱりタイプ】つっぱり式でビス不要
突っ張って(テンションをかけて)取り付けを行うので、ビスが打てないタイル面でも取り付け可能。
▶︎つっぱりタイプの取り付け方を見る

▶︎取り付けでよくある質問を見る
▶︎ブラケット取り付け位置・ブラケット必要数・ブラケットネジ取り付け位置を見る

ブラインド簡単取付方法

ブラインド簡単取り付け方法 窓枠にすっきり収める天井付け

「天井付け」は窓枠の内側上部に、ブラインドを取り付ける方法です。ブラインドに多く見られる取付方法です。
窓枠と一体化するため、見た目にすっきりとした印象になり広く感じます。

<注意点>窓枠ぴったりすぎるのサイズにすると昇降の際に窓枠に当たる事もありますので、窓枠サイズより1~2cm引いた幅に作るのがおすすめです。

<ブラケット取り付け位置>ブラインド上部ヘッドボックス両端から3〜6cmの位置が最適です。

窓枠にすっきり収める天井付け 準備するもの ドライバーとネジとブラケット
工具を準備します ※ブラケットは付属しています

窓枠にすっきり収める天井付け
窓枠にすっきり収める天井付け
窓枠にすっきり収める天井付け
窓枠にすっきり収める天井付け
窓枠にすっきり収める天井付け

▼ブラケットに本体を取り付ける

ブラケットを仮止めフックに引っ掛けて、取り付ける動画です。仮止めフックに引っ掛けた後に左右を微調整し、位置が決まったら「カチッ」と音がするまでブラインドをはめ込み、完成です。
ブラケットへの取り付け方法は、天井付けも正面付も同じです。

▼ブラケットから本体を取り外す

ブラケットの前面にある白いプラスチック部分を、押し込みながら本体を外します。


ブラインド簡単取り付け方法 窓枠を覆うように取り付ける正面付け

「正面付け」は窓枠を覆うようにブラインドを取り付けるため光が漏れにくく、より遮光性を高められます。

<ブラケット取り付け位置>ブラインド上部ヘッドボックス両端から3〜6cmの位置が最適です。

窓枠を覆うように取り付ける正面付け
工具を準備します ※ブラケットは付属しています
窓枠を覆うように取り付ける正面付け
窓枠を覆うように取り付ける正面付け
窓枠を覆うように取り付ける正面付け
窓枠を覆うように取り付ける正面付け

窓枠を覆うように取り付ける正面付け

ブラインド簡単取り付け方法 既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け

もともとカーテンレールが設置されている場合は、カーテンレールにブラインドを取り付けることができます。賃貸住宅や、カーテンからブラインドへ変更する方におすすめな取り付け方です。

<注意点>角型とC型以外のレールには取り付けできませんのでご注意ください。
<注意点>ウッドブラインドはカーテンレール付けは出来ません。
<注意点>カーテンレールへの取り付けには「カーテンレール取付け金具」が必要になりますので、購入の際に項目にチェックして発注ください(無料です)。

既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
工具を準備します ※ブラケットは付属しています
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
既存のカーテンレールに取り付けるカーテンレール付け
カーテンレールにブラインドを取り付けする金具

ブラインド簡単取り付け方法 突っ張り式でタイル面や賃貸でも取り付け可能なテンションタイプアルミブラインド

ネジの使えないタイル面や、ビス穴を開けられない窓枠などにおすすめなのが「つっぱり式」のアルミブラインドです。裏面を両面テープで止めたプレートキャップを先に取り付けて、本体ブラインドをはめ込むので、ブラインドの固定の方法が分かりやすくなっています。
プレートキャップを取り外す時は、両面テープの赤線部分を持ち、下に引っぱる事で簡単に取り外しが簡単に出来ます。

テンションタイプブラインド取付け方1 プレートキャップ(付属品)裏面に、両面テープ(付属品)を貼り付けます。
テンションタイプブラインド取付け方2 プレートキャップ三角印が上側になります。
テンションタイプブラインド取付け方3 両面テープの保護紙をはがし三角印を上にして壁に貼り付けます。反対側も同様に貼ります。 
テンションタイプブラインド取付け方4 操作側と反対側のプレートキャップにブラインド本体をはめこみます。
テンションタイプブラインド取付け方5 操作側もプレートキャップにはめこみ仮止めします。
テンションタイプブラインド取付け方6 操作側のダイヤルを回し左右の隙間が均等になるよう調整します。
テンションタイプブラインド取付け方17 逆側のダイヤルを固くなるまで回し製品を固定します。
テンションタイプブラインド取付け方8
左右のテンションブラケット部にカバーをスライドしてかぶせたら完成です。
プレートキャップを取り外す時は、両面テープの赤線部分を持ち、下に引っぱる事で簡単に取り外しが出来ます。
つっぱりタイプ・アルミブラインドの取り付け画像(女性が取り付けています)

よくある質問

Q.付属品は何がついていますか?

A.「天井付け」「正面付け」は、必要数のブラケットと専用のビスが付属しています。

「カーテンレール付け」を選ばれたい場合は、カーテンに取り付ける際の専用のカーテンレール取り付け金具(無料)も必要になりますので、ご注文時、カートで金具を選択下さい。

「つっぱりタイプ」は固定用のプレートキャップと両面テープが付属しています。

Q.女性や、一人で取り付け可能ですか?

A.一人で支えられるあまりサイズが大きくないブラインドは、女性や一人で取り付ける方も多いです。一人で、支えきれないような、重いような大きいサイズのものは、補助の方を入れて取り付けていただくことをお勧めします。

取り付けの際に「天井付け」「正面付け」はネジを固定していきます。手回しのドライバーでネジの差し込みが難しい場合は、電動ドライバーをご利用下さい。

Q.正面付けは壁のどこにでも取り付け可能ですか?

A.下地のない場所に取り付けると事故の原因になりますので、必ず下地のある場所に取り付けて下さい。

下地を探す場合は、ホームセンターなどで売られている「下地探し」を使って探すことが出来ます。針を壁に突き刺して探すタイプと、センサーで探すタイプがあります。「針を刺すタイプ」は下地があるところを指した時に針が止まり下地が確認できる仕様になっています。センサータイプは壁の上で探知機を滑らせると金属や木材の位置を検出してくれます。建物を施工してくれた業者さん、管理会社さんに確認することも有効です。

Q.ブラインドを2台並べて設置する時の隙間はどのくらいあればいいですか?

A.ブラインドを2台並べて付ける場合は1センチ以上あけて取り付けてください。ブラインド同士の干渉を防ぐためです。

ブラケット取り付け位置

アルミブラインドブラケット取り付け位置、ブラケット必要数、ブラケットネジ取り付け位置の図

■商品を探す

無地カーテン
花柄やリーフ柄のボタニカルカーテン
バーチカルブラインドを探す